雑記その1「ゲームエンジン」のお話しの続き

前回は吉里吉里を採用した理由をメリットで説明しましたが、メリットだけでは無いのは当たり前です。

今回は他のノベルゲームエンジンの特徴と採用しなかった理由を交えて見ていきましょう。

と、その前にひとつ注意書きとして。

各エンジンについて何かと批判的な意見も多いですが別にそのエンジンが悪いという訳では無く、あくまで自分と合わなかったというニュアンスで捕らえて下さい。

中には根本的に「?」な物もありますが……

  • NScripter

何かと吉里吉里と比較されることが多いエンジンです。

大抵の人はこのNScripterか吉里吉里を選ぶ程の、主要なノベルゲームエンジンと言っても過言ではないでしょう。

NScripterを採用しなかった理由は、スクリプトの若干の見にくさと……何と言うか、デフォルトでの機能の少なさでしょうか。

実際に触った訳では無いので言い切れないんですが、確かデフォルトの素の状態だとマウスホイールが使えなかったりと吉里吉里に比べてやれることが限られていると記憶しています。

まあ、古いエンジンというのもありますが、更新はつい最近も行われておりそこは吉里吉里よりも親切だと思いますね。

  • YU-RIS

こちらもそれなりの歴史を持つエンジンです。

最近の更新ではE-moteに対応してるらしく、機能は充実してそうですがその更新は2014年のものでそれを最後に更新が途絶えています。

採用しなかった理由については……単純に採用実績のなさ、かなぁ。

まあ、大体のエンジンは何となくそんな理由が多いです。

  • LiveMaker

こちらは吉里吉里とは違い、スクリプトをいじらずにGUIで全て管理するため、プログラムに触ったことの無い人でも簡単にノベルゲームを作成できるエンジンです。

簡単に出来る、即ち返して言えば拡張性ややれることに制限がつきまといます。

これを使っても後々絶対に拡張したい時に不満が出るだけなので、不採用。

  • CatSystem2

商業PCゲームブランドのういんどみるが製作したエンジンです。

ういんどみるで出ているゲームはこのエンジンを使用しており、また他の会社でも採用がされている実績のあるエンジン。

ただ……スクリプトの記述方法が少し厄介で、吉里吉里とは違うベクトルのスクリプトなのでとっつきにくさが何とも。

「記述が簡潔で読みやすいスクリプト書式」と書いてあるけど、簡潔過ぎてもぱっと見なんて書いてあるか分からなくなるんだよなぁ。

出来ることは吉里吉里と一緒だと感じているので、わざわざこっちを選ばなくてもいいかなと。

  • RealLiveMax

上と同じく、商業PCゲームブランドのVisualArt’sが製作したエンジンです。

ただ更新も2011年で止まってるし、利用規約がよう分からんことになってるし、一体誰がこれを使うのだろうか?

誰かこれを使ってノベルゲームを作ってみて欲しい。

  • Light.vn

Light.vnで「ライトヴィエン」と読む、リリースされて間もない期待のエンジンです。

直感的に操作できるGUI、専用のエディター上でのプレビュー機能やらとにかく贅沢な仕様のエンジン。

やはりどうしてもまだ採用実績が無く、マニュアルも整備されてないけど頻繁なアップデートでどんどんとより良いエンジンになっているそうなので、今後に期待できるひとつ。

  • AIRNovel

Adobe AIRで動作する珍しいエンジンです。

いやでもしかしだな、AIRで動作させる意味が見いだせない。

  • Artemis Engine

マルチプラットフォームに対応した吉里吉里ライクなエンジンです。

これが一番最後まで迷った、なんてったって吉里吉里には無いマルチプラットフォーム対応だもん。

因みにマルチプラットフォームってのは、WindowsだけじゃなくてOSX(MAC)とかiOS(iPhone)とかAndroidとか、色んな環境でも動かせるもののことを指して言う言葉。

吉里吉里はこのマルチプラットフォームに対応してない、古いエンジンだから当たり前だけど。

そしてもうひとつはベースがHTML5では無いこと。

これは後で詳しく話すけど、ベースがHTML5では無いネイティブアプリとして開発出来るのは非常にありがたいのです、自分にとって。

じゃあなんで採用しなかったか、スクリプトの記述は吉里吉里ライクなんですが、そのタグがちょっと分かりにくい。

それと、Artemis Engineは製作者に連絡を取らないと開発環境を貰えないので、そのせいかマニュアルが出揃って無く、更にArtemis Engine自体もまだ発展途上で公式のマニュアルもバージョンが古く手探りで開発しなければならないんですね。

最大のメリットであるマルチプラットフォーム対応も、どうせWindowsとスマートフォン間の互換性はたかが知れていると思っているんで、だったらスマートフォン用には別エンジンで一から制作しても同じなんじゃないかと。

……結局は最後まで使ってみないとどのエンジンでも正当な評価は出来ませんが、そんな時間はどこにもないので安定したものに自然と寄ってしまいます。

本当は吉里吉里も古いエンジンなんでそろそろ別のエンジンも使っていきたいとは思っているんですけどね……少なくとも今作までは粘ります。

  • ADV+++

スクリプトを直接記述するのではなく、Excel等の表から独自のコンバーターを使用しスクリプトに変換するといった珍しいエンジンです。

これについては全く知らないんですが、どうなんでしょうね?

Excel等の表からスクリプトに変換する手法はノベルゲームエンジンに限らず他にも似たようなエンジンはありますが、ノベルゲームの場合スクリプトが何回も同じ記述になることも多いので結構使えそうではありますが。

  • Ren’Py

「レンパイ」と読みます、その名の通りPythonがベースのエンジンです。

海外で製作されたゲームエンジンで、ゲームエンジンを拡張する際にはプログラミング言語のひとつであるPythonを使用して拡張します。

マニュアルも一部は日本語化されているらしいですが、最新のだとほとんどが英語で導入の時点で英語が苦手な人にとってはつまづく要因になってしまいます。

それと、Pythonというプログラミング言語を知らないとそもそも拡張で辛いかもしれません。

  • ジョーカースクリプト

Unity上で動作する、ADVを作るためのアセットを一通り含んだツールです。エンジンでは無いですね。

そもそもUnityとは3Dゲームを作るためのエンジンで、ジョーカースクリプトはそのUnity上でノベルゲームを制作するにあたって色々と補助してくれるツール一式を揃えたものです。

まあ、一言で言うならUnityでノベルゲームを作るのはちょっと違うんじゃねえかと。

前述した通りUnityは3Dゲーム用途に開発されたエンジンなので、3Dモデルを立ち絵として表示したりと3Dを活かすならまだしも、普通のノベルゲームを作るのにUnityを使用するのはただただ重くなるだけで意味が無いです。

強いて言うならUnity自体はマルチプラットフォームなのでそこはメリットになりますが、マルチプラットフォームを意識するのならば他にもいいエンジンはありますから……

これもジョーカースクリプトと同じく、Unity上で動作するツールです。

評価はジョーカースクリプトと同じで。

  • ティラノスクリプト/ティラノビルダー

ジョーカースクリプトと同じ作者が制作した、HTML5で動作するエンジンです。

個人的に、HTML5で動作するエンジンは避けています。

HTML5で実装されたものはOSに依存しないので、WindowsやMac、更にはスマートフォンでも一切コードを変えずに動作する利点があります。

しかし……実際、特にスマートフォン向けに配信するとなるとほぼほぼ絶対スマートフォン用の再構築が必要だと思っています。

そうなるとHTML5を使ってマルチプラットフォーム化する利点が薄い気がしますし、これは偏見なんですがHTML5は動作に弱そうかなーと。

ノベルゲームでそんなに激しく動かす必要も無いと思いますが、念の為。

理由的にはUnityを使ったエンジンと同じ感じです。


とまあ、ここまで色々なエンジンを取り上げました。

何だかんだ言ってますが、結局は自分に合うかどうかなので、まずは評価に流されずに使ってみても良いと思います。

それでも強いてお勧めを言うなら、初心者の方はLiveMakerやYU-RIS。

中級者~上級者は吉里吉里やNScripter、ArtemisEngine、ティラノスクリプターをおすすめします。

ここらはそれぞれの特徴が良く出ているので、各エンジンの比較になりやすいかと。

何かの参考になれば幸いです。

 

いずれかは自作のエンジンとか作ってみたいなーとか夢見てます。

少なくとも今は無理だけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です