雑記その1「ゲームエンジン」のお話し

たまには制作自体に直接は関係無い話題でも書こうかと思いまして、今日はノベルゲームに使われるゲームエンジンのお話しでもしようと思います。

ノベルゲームエンジンを選ぶにあたって凄く悩んだので、こういった形で整理しておくのもいいかなーと。

読み物的な感じなので、そのつもりでどうぞ。


 

さて、「ゲームエンジン」という言葉に聞き覚えのある方はぱっとイメージが湧きますが、聞き慣れない人にとったらなんのこっちゃと思います。

よくゲームをする方なら、ゲームを起動した時に使用されているゲームエンジンのロゴが表示されたりしますが、それらですね。

例えばUnreal EngineとかHavokとかCry Engineとかetc…(これらは3D系処理のエンジンですが)

ゲームエンジンとはゲームを作る上での言わば土台みたいなもので、ゲームプログラマはこのゲームエンジンをまず選定する作業から始めます。

と言うのもゲームエンジンにはそれぞれの得意不得意や個性があり、使用するゲームエンジンでその作品の大きな枠組が出来るわけですから、慎重に選ばないといけないんですね。

前置きはこの辺で。ではまずこのサークルで使用しているゲームエンジンについてと、他のノベルゲーム用エンジンを見てみます。

長くなりそうなので、続きは下から。

このサークルで使用しているのは「吉里吉里2 Ver.2.32 revision 2/KAG3 Ver.3.32 revision 2」です。

まあこれはバージョンを含めた長ったらしい名前ですが、単に吉里吉里と呼ばれる事が多いです。

何故このエンジンを選んだか。基本的には他のゲームエンジンとの比較、消去法での選定ですが。

  1. 長きに渡り使用された実績がある。
  2. バグや不具合に遭遇した際、サポートが得やすい。
  3. 有志によるプラグインが充実している。
  4. スクリプトの記述が分かりやすい。
  5. カスタマイズ性に優れている。

とりあえず思いつくままに書きましたが、こんな感じです。

要するに、自分のやりたいことに合ったエンジンだったんですね。

ではそれぞれの詳細について。1番目「長きに渡り使用された実績がある」については2番目に繋がるんですが、どんなものでも新しいからと言って直ぐに飛びつくのはNGだと思っています。

なぜならリリースして間もないエンジンはバグがつきもので、そのバグに対応するためのマニュアルやTIPSが揃ってないので途中でつまづく可能性があるんですね。

更にやりたいことがあっても、どうすれば出来るのかも上記と同じ理由で頓挫してしまいます。

まあこれが企業だったりするなら、自力で解決できるだけの腕を持った人も居ますでしょうが、同人でやる分にはデメリットでしかありません。

新しいエンジンを使うことによって注目度が高まる効果も見込めますが、正直プレイヤー(利用者)がゲームエンジンに目を向けているとは思えないので、私は1番目の理由を取りました。

2番目「バグや不具合に遭遇した際、サポートが得やすい」については上記の通りです。

開発者が使用するエンジンのバグや不具合で頭を抱えるなんてことは、時間の無駄ですから。

3番目「有志によるプラグインが充実している」については、ゲームエンジンに追加で新しい機能や演出を加える際、一から自力で組まなくてもちょいと調べてみれば有志によって組まれたプラグインが配布されていることが多いので、圧倒的にゲームを作りやすくなります。

使えるものはどんどん使っていきましょう。そして有志に感謝しましょう。

4番目「スクリプトの記述が分かりやすい」ですが、結構重要な要素のひとつです。

なぜならゲームを作る際、まず1日で全てのスクリプトを書き上げるなんてことはまずあり得ません。

後でそのスクリプトを見た際、ぱっと見て分かる記述はその後のスクリプトの続きを書く時に大いに便利です。

難解なスクリプトだと、まず自分の書いたスクリプトを理解する所から始めなくてはならず、時間だけが消費されます。

時間が空くと自分の書いたスクリプトでさえ忘れるものですから、こういった分かりやすさは重要視するべきです。

勿論ゲームエンジンで用意されたスクリプトもそうですが、スクリプトを書く人も十分に分かりやすく配慮するのが最も良いでしょう。

最後に5番目「カスタマイズ性に優れている」はその通りで、例えば比較的簡単にゲームを作れるエンジンでは大抵がカスタマイズ性が落ちていることがほとんどですが、少し難しくてもカスタマイズ性が優れているものの方が後々役に立ちます。

これは作るゲームの目標次第ですが、私はカスタマイズ前提でゲームを作ってゆくと確信していたのでそうしました。

まあ、そもそも吉里吉里は中~上級者向けですが、正直触った感想としてはさほど難しくはありません。

むしろ何もスクリプトに触ったことがないのならば、吉里吉里のスクリプトの記述に慣れた方が無難だと思います。

なぜなら昨今のノベルゲーム用エンジンは吉里吉里をベースとしたスクリプト記述になっているものが多く、その元である吉里吉里で慣れてしまえば他のゲームエンジンに移る際に割りとスムーズに頭に入ってくれるでしょうから。

……そもそもの話、他の条件が合えばそっちのゲームエンジンで制作をしてもいいと思いますが。


 

さて、ここまでは吉里吉里を採用した理由について述べましたが、次は他のノベルゲームに使われるエンジンを……と言いたい所ですが、ここまでで結構な文量になってしまったので、次回に回します。

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です