お盆と人生とゲーム制作と

お久しぶりです、お元気ですか。

世間はお盆ですね。かく言う私もお盆っぽい行事をしましたが。


さて、8月と言えばリザレコの公開を予定していましたが、ごめんなさい全然間に合いませんでした・・・

じゃあ一体いつ完成するの?と聞かれれば、まあ今年中には・・・としか言えないのが現状です。

リザレコも制作開始から早1年が経っています。

そう、1年前にはひなみの丘を公開していたんですね、マジかよ。

ここまで長くやっていると、色々とモチベーションを保つ術が薄れてきて、制作の速度も遅くなりがちです。

私の場合、プログラムとシナリオを担当していますが、プログラムはともかくシナリオは「このシナリオ、本当に面白いのか・・・?」とか、商業のエロゲをやっていたりするとひしひしと感じてしまうんですね。

そもそもの比べる対象が間違っているとは思いますが、やはり人間どうしてもちょっとはネガティブに思ってしまうのではないでしょうか?

中にはそうは思わない人も居る訳で、羨ましい限り。

でも当然の事、この1年間ずっと自分のシナリオを眺めてきたわけですから、飽きもするんです。

プレイする人にとっては数時間で終わる物語も、書いている私に取ったら数百時間も延々とシナリオを見ている訳ですから、そりゃ飽きます。

だからこそ、私は定期的に他の人の意見を聞いてみて、客観的な見方を身につけるんですね。

そうする事で、今まで気づけなかった事や新たな発見があると思います。

そうやって、なんとかモチベーションを保っているんですね。

・・・すみません、なんだか長くなってしまいました。


まあそんな事情です。前回書き記していた背景の問題は解決したので、今の所の不安はやはり完成への明確なビジョンでしょうか。

頑張ろう、自分。


余談ですが、この作品が終わり次第、私は新たな人生を歩もうと考えています。

こう言うと大げさな感じですが、あながち間違いでも無いと思っているので、正直かなーり精神的にじわじわと削られています。

あ、あと完成してもないリザレコの続編も妄想してます。

バカヤロウだ。

「お盆と人生とゲーム制作と」への1件のフィードバック

  1. 前作の1プレイヤーとして、時間はかかってもいいのでリリースされるのを切に願います。
    期待がプレッシャーになってしまうかもしれません、気にせず完走までがんばってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です